鉄剤はお茶で飲んではいけない

鉄剤はお茶で飲んではいけない

鉄剤はお茶で飲んではいけない

貧血対策の鉄剤はお茶やコーヒーで飲まないほうがいいです。
その理由としてはお茶やコーヒーで鉄剤を飲むと吸収が妨げられてしまいます。

 

鉄剤はお茶で飲んではいけない

お茶には「タンニン」という成分が含まれています。このタンニンが鉄と結びついてしまい、吸収されなくなってしまいます。せっかく鉄剤を飲んでも吸収されないのでは意味がありません。
そのため、緑茶などで飲むのは避けたほうがよいと言われています。

 

通常の食事と錠剤の両方から鉄分を摂取しているわけですから、必要な量については充分足りているとは思います。だからといって、せっかく貧血対策して飲んでいる
鉄剤の吸収を悪くすることは避けた方がいいです。

 

鉄剤の正しい飲み方

鉄剤の正しい飲み方

正しい飲み方は、薬と同じように水で飲むことです。
でも食後にコーヒーを飲みたい人も多いと思います。そのような時は時間を空けて飲むようにしましょう。

 

鉄剤は、胃に入ってから吸収されるまで長くても「30分」時間を開ければ問題ありません。吸収された後であれば、安心してお茶やコーヒーを飲んでも吸収の妨げにはなりません。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ