貧血を予防する適度な運動

貧血を予防する適度な運動

貧血を予防する適度な運動

貧血の原因は、多くの場合、鉄分の不足によるものです。鉄分は体内に吸収されにくい栄養素と言われており、そのため貧血予防には食材選びはもちろん、調理法などにも工夫が必要になってきます。貧血気味の人は食事にはいろいろ気を付けているようですが、実は貧血の予防には運動も効果があります。日常生活に適度な運動を取り入れることも大切になってきます。

 

運動が貧血予防に

運動が貧血予防になるのは意外かもしれませんが、適度な運動をすることで代謝が良くなり、血流がよくなります。血流がよくなることで、身体全体に酸素を送りやすくなり、貧血予防の効果が期待できるのです。また、適度な運動には赤血球の生成を促す効果もあります。

 

運動が貧血予防に

貧血予防に効果のある運動は、有酸素運動です。ウォーキングやエアロビクスなど、筋肉への負担が緩やかで継続的に続ける運動で、20分以上続けることで高い効果が現れます。有酸素運動をすることで、体内に蓄えられている脂肪が燃焼されるため、ダイエットにも効果があります。体脂肪を燃焼させるためには酸素が必要になります。体内に酸素が行き渡るため、貧血予防につながるというわけです。
一方で、筋力トレーニングや短距離走など、短時間で筋肉に負荷をかけるのが無酸素運動です。筋肉が激しく収縮することで赤血球が損なわれたり、汗をかくことで鉄分が流れ出てしまったりするため、貧血気味の人には逆効果になるので注意が必要です。

 

ラジオ体操がおススメ!

貧血予防にはラジオ体操がおススメ!

自宅で簡単にできる有酸素運動のひとつがラジオ体操です。ラジオ体操は効率的に全身の筋肉を伸ばすことができるようになっており、また誰もが子供の頃に経験しているので、音楽が流れると自然に身体を動かせるという点でも取り組みやすい運動です。動画サイトにもアップされているので、ラジオやテレビの時間に合わせる必要もなく、好きな時間に行うことができます。第一第二と毎日続けることで、肩こりや腰痛なども改善され、ダブルの効果が期待できます。

 

戸外での運動としては、やはりウォーキングがおススメです。道具もいらず、時間的な制約もないので、続けやすい点がメリットです。注意をしたいのは、適度なスピードを保って歩くこと。呼吸が激しくなるほどのスピードでのウォーキングは無酸素運動になりかねず、貧血の防止には逆効果となってしまいます。ウォーキングをするまとまった時間がなかなかとれない時には、通勤・通学の際にはひと駅分歩く、エスカレーターではなく階段を使うなど、小さな工夫を積み重ねることで貧血の予防につながります。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ