冬場に貧血はなりやすい?

冬場に貧血はなりやすい?

冬の時期には、貧血になりやすくなる事はあります。理由は、「主にお腹を温めようとする体質になっている」からです。

人間には、お腹の温度はできるだけ高めにするのが望ましいという性質があります。というのもお腹の中には、非常に重要な臓器が沢山あるのです。そこが冷えてしまいますと、様々な問題点が発生してしまいます。

お腹のみ温めるのはよくない

そもそもお腹の中では、体を温めるための熱を生産しているのです。そこが冷えてしまうのは良くないので、気温が低くなってきた時には、自然とお腹の中を暖めようとする訳です。

 

ただ、それにも個人差があります。お腹を適度なレベルで温めてくれるなら良いですが、人によってはその程度が大きすぎるのです。
むやみにお腹を温めてしまう方々も、たまに見られます。

この際にお腹に対して、多くの血液が集中するのです。それでお腹ばかり温めてしまいますと、体の他の箇所に血液が行き渡りません。その結果、冬に貧血になってしまう訳です。

どうすれば良いかというと、…まず運動は1つのポイントになります。
そもそも血液が1ヶ所に集中してしまうのは、新陳代謝に問題が潜んでいる事も多いです。
代謝がやや不活発ですと、お腹ばかりに血液が集中してしまう傾向があります。

 

代謝がやや不活発ですと、お腹ばかりに血液が集中

適度な運動を心がけてあげると、新陳代謝も活発化しやすい訳です。
ですから冬の貧血が気になる時には、運動を心がけて予防すると良いでしょう。
他にもあります。睡眠も貧血予防策の1つになるのです。人によっては、ホルモンのバランスが崩れている事があります。バランスがおかしくなる理由も色々ですが、寝不足などは軽視できません。やはり睡眠の質が悪い方々は、どうしてもホルモンバランスも崩れやすくなるのです。ですから貧血になってしまうのを防ぎたい時には、良質な睡眠を心がけるべきでしょう。

 

それと、普段の食生活も貧血には関わってきます。冬におすすめの食材の1つに、ほうれん草があります。
よく言われる話なのですが、ホウレンソウの中にはヘモグロビンの元になる成分が含まれているのです。それは血液の状態を、大いに好転してくれる効果が見込めます。

 

ほうれん草を摂取してみるのも、冬の貧血対策

それと、葉酸なども含まれている食材なのです。そもそも貧血になってしまうか否かも、赤血球の状態に左右される一面はあります。やはり赤血球が少ないと、貧血になりやすいのです。それで体細胞が赤血球を作る為にも、やはり栄養分が必要です。
その1つが葉酸なので、ほうれん草を摂取してみるのも、冬の貧血対策になるでしょう。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ