妊娠中の貧血と赤ちゃんへ影響

妊娠中の貧血と赤ちゃんへ影響

妊娠中の貧血とは

妊娠中の貧血と赤ちゃんへ影響

妊娠中はお腹の赤ちゃんに栄養や酸素を運ぶため、妊娠していない時よりもたくさんの血液が作られます。血液の鉄分が赤ちゃんの成長に必要になります。
赤ちゃんの成長に伴い必要な鉄分量も増えていきますが、ずっと同じ摂取量のままだと不足し、貧血にることがあります。妊娠後期になると血液量もさらに増え、必要な鉄分も増えますが、赤血球などの血液成分も一緒に増えるわけではないので、血液が薄まった状態になり、貧血になりやすくなります。

 

妊娠中の貧血の影響

貧血の症状としては、

  • めまいや立ちくらみ
  • 眠気
  • 手足の冷え
  • 視界が暗くなる

などが挙げられます。しかし妊娠初期はつわりなどの体調の悪さからこのような症状が貧血からくるものと分からいことがあります。また普段から貧血の人も症状になれていて気が付かない場合があります。しかし妊娠初期は赤ちゃんの臓器が作られる大切な時期なので注意が必要です。また、貧血によりフラついて転倒するなどの恐れもあります。

産後にも影響

低体重児の原因にも貧血が挙げられる他、分娩時にも影響があります。貧血の場合、少し出血しただけでも血圧が下がりやすく、血圧が下がると出血しやすくなります。
このような理由で輸血が必要になると母体に負担がかかり、産後の回復が遅くなる可能性ががあります。また、母乳も血液からできているので、出が悪くなるなどの影響が出ることがあります。

 

予防と改善方法

妊婦健診で貧血と診断されると、鉄剤が処方されます。しかし鉄剤を飲んで効果が出るのには1〜2カ月の時間がかかり、それでは遅い場合があります。また副作用として、胃がムカついたり、便秘になることがあります。
このような症状が酷い場合は医師に相談し、他の薬や方法に変えてもらう必要があります。こうならない為には、普段から予防することが大切です。毎日の食事をバランス良く、鉄分を意識して摂ることで改善できます。
鉄分が多い食品は、

  • レバー
  • 牛肉
  • ほうれん草
  • 納豆などの大豆製品

などがあります。しかしレバーは鉄分の他にビタミンAも含まれていて、これは摂り過ぎると赤ちゃんの体にあまり良くないので注意が必要です。またビタミンCを含む食品と一緒に摂ることで、鉄分の吸収が良くなります。
逆にお茶やコーヒーなどに含まれるタンニンは鉄分の吸収を悪くします。つわりなどで食事から摂取するのが難しい場合はサプリメントで補うことができます。毎日の積み重ねなので意識して鉄分を摂ることが大切です。

 

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ