高齢者の貧血は他の原因の可能性あり?

高齢者の貧血は他の原因の可能性あり?

高齢者の貧血は他の原因の可能性

貧血と聞くと若い女性のイメージがありますが、高齢者が貧血になるケースも多くあります。貧血というと病気ではないイメージがあり、貧血と言われても軽く流してしまう人も少なくありません。しかし、貧血は身体が助けを求めているサインで軽くみてしまうと後で多くな病気が隠れている場合もあります。

 

高齢者が貧血になる多くの場合は、血液を作る骨髄の働きは正常なのに鉄分が不足した事で起きる鉄欠乏症貧血の場合があります。多くの人が年を重ねて行くと、食べる量が減ったと感じますが、高齢者の場合には食べる量が減って少食になっている人が多くそのため、エネルギーやたんぱく質、鉄分が不足しがちになっている人が多くいます。

 

身体の中の鉄が少なくなると、鉄はヘモグロビンを作る材料となっているのでヘモグロビンが作れなくなり結果的に酸素が行き渡らなくなってしまいます。そのため、貧血になると症状としてだるさを感じるわけです。

 

栄養の不足ではなく他の病気が原因で貧血が起きている場合

しかしその貧血の原因が、栄養の不足ではなく他の病気が原因で貧血が起きている場合もあります。高齢者の場合多いのが、貧血の原因が胃からの出血の時です。胃潰瘍や、十二指腸潰瘍や胃がん、大腸がんが原因で出血を起こして貧血を起こしている場合もあります。
高齢者の場合には、貧血の診断がされた時に消化器系の病気が隠れている場合が多くあります。そのため、高齢者で貧血だと診断された場合には胃カメラなどで検査をした方がいいです。その他にも、高齢による腎臓の機能の低下でも貧血を起こしてしまいます。

原因を見つける事が高齢者には大切

食生活の改善が大切

貧血と診断されたら、たかが貧血と考えるのではなく、検査を行ってその原因を見つける事が高齢者の場合にはとくに大切です。早めに原因を見つける事で、病気が重篤化するのを防ぐ事が出来ます。
また貧血と診断されたら、食生活の改善が大切です。とくに高齢者は、食べる量が減って行き栄養が不足してしまいがちです。1日3食栄養のバランスの良い物を食べる事が大切です。

 

食事に鉄分を

食事に鉄分を多く含んだ、食べ物を取り入れる事も効果的

また食事に鉄分を多く含んだ、食べ物を取り入れる事も効果的です。鉄分を多く含んでいる食材の代表的な物は、レバーやかつお、まぐろやほうれん草など多くあります。また鉄分だけではなく、その鉄を身体の中で利用しやすくするのには、ビタミンCや良質のたんぱく質が必要です。

 

貧血と言えば鉄分に意識が行きがちですが、同時に良質のたんぱく質やビタミンCを含んだ食品の摂取も欠かせません。バランスの取れた食事を取る事で、高齢者の貧血の改善や予防に繋がります。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ