タバコは日常生活で貧血に影響するのか

タバコと貧血の関係性

タバコは貧血に悪影響?

タバコは貧血に悪影響

バコを吸うことそのものが、日常生活において貧血の直接の原因になる、というケースは医学的にはあまり言われていません。ただ、元々貧血をよく起こす人などにとっては、それを悪化させてしまう事象はかなり多く挙げられています。

 

なぜタバコが悪いと言われるのか…

タバコを吸うと、体内にあるビタミンが多く消費され、ビタミンCが消費されることで鉄分の吸収に大きな悪影響を及ぼします。またビタミンB12の消費も多く、そのビタミンB12というのは不足することで赤血球が減少すると言われています。赤血球の減少はそれ自体で貧血を起こし、さらには胃腸障害などの症状を併発することもあります。

 

タバコの煙にも注意!

タバコの煙には一酸化炭素が含まれていることもあり、その一酸化炭素は血液中に入るとヘモグロビンと結合してしまい、一酸化炭素ヘモグロビンと言う形に姿を変え、それは酸素の運搬を阻害する要因となってしまいます。

 

体に酸素が行きわたらない状態は、直接貧血と言う状態を引き起こしてしまいます。つまり、鉄の吸収を阻害し、酸素を行きわたらない状態になることは、貧血になるということなのです。

 

タバコを吸っている時に貧血の症状!

タバコを吸っている時に貧血の症状

貧血の状態の時にタバコを吸うことで頭痛がしたりふらふらすることがあります。
これは体中で酸素不足起こしていることが原因となっているのです。
また、ふだんから対策として鉄分を多くとるような食生活を心掛けていたとしても、ビタミンCが不足してしまうと鉄分の吸収が悪くなってしまうので摂取する意味があまりなくなってしまいます。

 

また、ビタミンB12が不足してしまうことでの赤血球の減少は、健康への様々な悪影響があることもわかっています。もしも、日常生活において常日頃貧血に悩んでいるのであれば、どのような努力をしてでも禁煙をするように心掛けましょう。

 

自分の貧血度合いを調べる

簡単な「チェックリスト」を用意していますので、自分の貧血度合いが気になる方はお試しください。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ