抗がん剤の副作用で貧血

抗がん剤の副作用で貧血を発症

抗がん剤の副作用

がんの治療方法のひとつとして化学療法があります。
これはどのような治療方法であるのかというと、抗がん剤と呼ばれる薬剤を投与することによって体内のがん細胞を破壊するもの、あるいは転移を遅らせるためのもの、そして痛みを和らげるために使用されています。

 

抗がん剤の副作用

血液を巡ることによってがん細胞を攻撃することから全身のがん細胞を治療することができるメリットがありますが、デメリットも存在します。そのデメリットのひとつとして副作用が挙げられます。
がん細胞を攻撃するための薬剤であることですが、正常に機能している細胞に対しても影響を与えます。
その影響を受ける部分のひとつとして骨髄があります。骨髄は赤血球を作る部位となっています。
この部位が影響を受けるということは赤血球が作られにくくなるということになります。

 

赤血球は血液の成分においてどのような働きをしているのかというと、呼吸によって取り込まれた酸素を体中の器官に供給するという非常に重要な役割を担っています。そのため、赤血球が不足すると貧血などの症状が現れます。

 

抗がん剤を一回使用したのみではすぐに骨髄がダメージを受けてしまうということはありません。
一定期間をおくことによって機能は回復します。しかしながら、抗がん剤の投与が続くことによって赤血球が作られない時期が続くことによって貧血となります。

対策は?

がんを治療するための方法であることからどのような対策を取ればよいのかというと、まずは安静にすることであると言えます。なぜならば体に必要な酸素が不足している状態となっているからです。また、普段よりも室温を高くする、服を一枚多く着ることによって保温することも大事です。

 

そうすることによって血液の流れを良くすることができ、症状を改善することができます。
また、食習慣の改善も大事なこととなります。つまり、タンパク質や鉄分、さらにはビタミンが豊富な食材を意識して摂取することが大事となります。

 

貧血にお困りの方は食事を見直そう!

貧血を和らげるには食事を変えることが一番の近道です。貧血の方に役に立つレシピを紹介しています。また、貧血に限らず、夕食のメニューで困った際もお使い出来ますよ。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ