貧血と男性ホルモン

貧血と男性ホルモンの関連性

男性は貧血になりにくい?

貧血といえば男性よりも女性特有の症状と思ってしまいますよね。
実際も、男性よりも女性の方が貧血で悩んでいる方が多いのも事実です。
でも、どうして女性ばかりが起こる症状なのでしょうか?
答え一つとして「男性ホルモンの性質」にヒントが隠されているようです。

男性ホルモンの影響とは

男性ホルモンの影響

女性に体内には「女性ホルモン」があり、男性の体内には「男性ホルモン」がありますが、男女間でホルモンの名前を変えているということは、その性質も違うと言うことがいえそうです。それでは、この男女間のホルモンの性質の差を見ていくことにしましょう。

 

まずは身体の中から詳しく解説していきます。私たちの血管には赤血球が流れていますが、一般的に男性の方が赤血球数が多い傾向があります。
そして、この赤血球と男性ホルモンが深く結びついているのです。

 

貧血の原因の一つとして赤血球の減少が挙げられます。赤血球が減少することによって、鉄分が不足するのです。そして、鉄不足によって起こるのが「鉄欠乏性貧血」と呼ばれるものです。しかし男性の場合、鉄が不足すると、腎臓が危険を察知して動き出します。

 

肝臓が動き出すと…

腎臓はエリスロポエチンという赤血球の産生を促す働きを持ったホルモンを分泌することによって赤血球減少の対抗策を施すのです。

 

そして、このエリストポエチンの働きを促す物質が、男性ホルモンなのです。この作用によって男性は貧血になる可能性を低くしているのです。しかし、女性ホルモンにはこの作用はありません。そのため、男性の方が女性に比べて少ないのです。

 

もちろん、この他にも原因は考えられます、たとえば女性の方が妊娠や生理といった血液や鉄分を失う機会が多かったり、そもそも男性よりも体内にある鉄自体が少ないとも言われており、それも原因として考えられます。

 

男性と女性の体の構造を考えた場合、今まで見てきたように、女性の方がかかりやすい症状であることが分かったと思います。
貧血は病気の前兆としても起こる場合もありますが、女性は日頃から意識的に鉄分を摂るとこで、貧血とは無縁の生活を心がけましょう。

 

自分の貧血度合いを調べる

簡単な「チェックリスト」を用意していますので、自分の貧血度合いが気になる方はお試しください。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ