貧血の時に注意する飲み物

貧血の時に注意する飲み物

貧血の時に注意する飲み物とは

貧血の時に注意する飲み物

貧血の時は、鉄剤と併せてビタミンCを服用すると鉄分の吸収がよいとされています。しかし、鉄剤をコーヒー、紅茶、緑茶と一緒に摂取すると飲み物に含まれるタンニンが鉄分の吸収を阻害するので一緒に飲むと効果がありません。
また鉄剤を服用していなくてもコーヒー、紅茶、緑茶を摂取すると食べ物から摂取した鉄分の吸収を阻害してしまうので自覚症状がある人は注意が必要です。

 

タンニンの摂取には注意

タンニンとは渋みの成分で

  • コーヒー100ml中に70mg
  • 緑茶100ml中に70mg
  • 紅茶100ml中に100mg

含まれているとされています。

 

麦茶は100ml中にタンニンが10mgと少なめなので、食事の際にはコーヒーや紅茶よりは麦茶や水を飲むとよ良いです。食後または服薬後30分から1時間ほど時間を空けるとタンニンによる阻害の影響は少ないので、タンニンの多い飲み物はそれから飲むようにしましょう。

 

服薬の期間に決まりはありませんが、定期的に血液検査をしてヘモグロビンの量を測定しながらヘモグロビンが一定量になるまで飲み続けるのが理想です。
鉄剤は飲み過ぎても過剰な分は体外に排出されるので問題ありませんが、服薬した時に胃の不快感が起こったり便秘の症状が出る人も居ます。また便が黒くなる事がありますので、驚かないように注意しましょう。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ