妊娠中の貧血予防について

貧血と妊娠の関係について

妊娠中は貧血になりやすい?

妊娠中、普段貧血ではない女性も貧血になりやすくなります。妊娠中期くらいになると、約半数くらいの妊婦さんに貧血が見られます。なぜなら、胎児や胎盤が鉄分を多く必要とするからです。

 

妊娠中に貧血になる理由

妊娠中に貧血になる理由

妊娠中は、血液量が増加しますが、赤血球が増加しているのではなく血漿が増加した状態で、血液自体が薄まる状態になることで貧血になりやすくなります。
貧血になると、胎児の成長体内に貯蔵されている鉄だけでは補いきれなくなっていますので、食生活で積極的に鉄分を摂取していくことが大切になるでしょう。貧血が進んでしまうと、胎児の発育に影響したり出産時に微弱陣痛になってしまったりすると言われています。
特に、最近では赤ちゃんの貧血というものが問題になっています。

 

赤ちゃんの貧血

赤ちゃんはある程度鉄分を貯蔵して生まれてくるのですが、6ヶ月ごろから鉄が欠乏してくる子が出てくるのです。それはなぜかというと、この頃から離乳食が始まるからなのですね。
母乳には鉄分が十分あるのですが、離乳食だと好き嫌いもあり、なかなか必要分の鉄を補えないことが多いです。
貧血といっても、赤ちゃんにも自覚症状はないですし、大人も気づかないことが多いです。
貧血状態のままでは、妊婦さん自身もめまいや動悸、息切れなどの倦怠感で、日常生活を送るのが辛くなってくるので対処するべきです。
まずは、食生活で改善できるレベルであれば、鉄分を多く含む食品を摂取することをお薦めします。

 

鉄分が豊富な食品は
  • レバー
  • あさり
  • 赤みの魚
  • ほうれん草

などです。

鉄分は野菜と一緒に取ろう

鉄分の吸収力をアップさせるには、ビタミンCを多く含むブロッコリーやピーマンなどの野菜やフルーツなどと一緒にとるとよいと言われています。食事だけでは改善されない場合は、産婦人科医に相談し、鉄剤を処方してもらいましょう。
人によっては、鉄剤を飲むことで胃に不快感を覚える方がいたり便秘になる方がいたりするので、その場合は注射によって鉄分を補給することも可能です。

 

薬にはできるだけ頼らない

薬ではなく、鉄分が含まれるサプリメントや健康補助食品のゼリーなどもマタニティー用の商品として販売されているので自分に合った商品を見つけて試してみるのも良いと思います。

 

鉄剤や鉄分を含むサプリメントなどを摂取する時には、コーヒーや紅茶、緑茶などタンニンを含むものを一緒にしない方が良いといわれています。タンニンを取ることで、せっかく摂取した鉄分の吸収を妨げると言われています。貧血を治して、安心して出産を迎えたいですね。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ