貧血の数値を血液検査で知ろう

貧血の数値を血液検査で知ろう

血液は体中の細胞に酸素を届けています。血液を通して酸素を運ぶのは赤血球です。この赤血球の数が減ったり、赤血球の中で酸素と結びつくヘモグロビンが足りないことで起こる酸欠状態が貧血です。

 

代表的な貧血は、体内の鉄分が不足して起こる鉄欠乏性貧血です。赤血球を構成するヘモグロビンは鉄を原材料としており、体内の鉄分が不足するとヘモグロビンを作ることができず貧血になってしまいます。

 

貧血になると、

  • だるさ
  • 息切れ
  • 頭痛
  • 肌の乾燥

など様々な症状が引き起こされます。

 

貧血の症状には際立って特徴的なものがないため、本人の自覚症状だけでは貧血であることに気づけない場合もあります。しかし、貧血状態が長く続くことは体力にも精神力にも悪影響を及ぼしますし、貧血の裏に深刻な病気が潜んでいることもあります。

 

そこで大切なのが血液検査です。血液検査によって自分が貧血かどうか客観的に知ることができ、対策も立てやすくなります。

 

血液検査の重要性!

血液検査は職場で定期的に行われる健康診断に含まれていることが多いです。職場での健康診断などの機会がない人は医療機関でお願いすることもできます。

 

血液検査では静脈から血液を採取します。血液採取は少量ですし、注射はすぐに済みます。

 

【血液検査で貧血かどうかにかかわる項目】

  • 「赤血球の数」
  • 「ヘモグロビン濃度」
  • 「ヘマトクリット値」

などがあります。

 

赤血球数とは…

「赤血球数」は検査項目にRBCと示されていることもあります。血液の中にどれくらいの数の赤血球があるかを示す数値です。赤血球が少ない場合、貧血の可能性があります。

 

ヘモグロビン濃度とは…

「ヘモグロビン濃度」は赤血球中のヘモグロビン濃度を示す値です。赤血球の数が十分あったとしても、ヘモグロビン濃度が低ければ酸素を十分に運ぶことができず、貧血になる可能性があります。

 

ヘマトクリット値…

「ヘマトクリット値」は血液中に占める血球容積の割合のことです。血球には赤血球、白血球、血小板などがありますがほとんどは赤血球のため、ヘマトクリットの値は赤血球の容積の割合として考えられます。ヘマトクリット値が低いのも、貧血を示す指標となります。

 

これらの血液検査の項目が基準値より低い場合、鉄欠乏性貧血やその他の理由による貧血の可能性が考えられます。

 

血液検査は内科で!

貧血の判断ができる血液検査

貧血状態を知る血液検査は内科で受けることができます。お医者さんが検査の必要を認めた場合は健康保険が適用されます。費用は1500円から5000円くらいのことが多いようです(検査項目や保険適用の有無などによって幅があります)。

 

血液検査は貧血かどうかを知るための第一歩です。血液検査で貧血が疑われる場合はさらに詳しい検査をして貧血の原因やタイプを突き止め、それぞれに合わせた治療を行います。貧血ではなく別の病気が判明することもあります。体を守るための大切な検査ですので、積極的に活用しましょう。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ