リュウマチの合併症の症状で起こる貧血

リュウマチの合併症の症状で起こる貧血

リュウマチの合併症で貧血

リュウマチの合併症で貧血

リュウマチは、自己免疫疾患ですが、他にもさまざまな合併症を伴う厄介な病気です。中でも、貧血は、合併症として起こることが多い病気です。
専門医は、検査でその貧血の状態がどうかも見てくれます。
なぜならば、炎症が強くなると、血液中の鉄分が減少してしまうことがあるため、定期的な血液検査で炎症とも合わせて判断の目安になるからです。

 

また、骨髄で赤血球をつくる機能自体が低下することもあるため、定期的な観察が必要です。
リュウマチの症状にも、痛みが継続的にあるため疲れやすさも出てきます。
そのため、そのための症状かと思い込んでいると、実は、貧血のための症状で倦怠感が増幅している場合もあります。

 

血液検査での数値

血液検査では、ヘモグロビンの数値がやや正常値を切っていても、リュウマチがあるための影響だと考えられますが、あまりにも倦怠感などの不調がある場合には、薬の処方もしてもらえます。
一般的には、内服の鉄剤を服用して改善を目指せますが、この場合には、胃への負担を感じる場合もあります。
リュウマチのため普段から内服薬を服用しているため、胃腸へのダメージが起こりやすいからです。
その場合には、幼児でも服用可能なシロップ剤もあります。
こちらは、比較的、胃のダメージを抑えて作られているので、服用しやすいです。

 

ヘモグロビンの数値には注意

このような貧血治療を行っていても、ヘモグロビンの数値が極端に下がり続けている場合には、どこか体内での出血箇所があるための強度貧血が疑われます。
普段から常用している薬による副作用も考えられるので胃腸を内視鏡で診てもらったり、女性の場合には婦人科で診てもらったりすることで、出血原因を突き止めるのが先決になります。

 

リュウマチ患者の方は、ご自身で貧血の症状ではないのか、血液検査でヘモグロビンの数値の経過はどうなっているかの意識を高めておくことで、貧血の有無はもちろん、リュウマチのコントロールが出来ているかも把握しやすくなりますし、主治医との意思疎通も図りやすくなるので、念頭に置いておくことは大変重要です。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!





リュウマチの合併症の症状で起こる貧血関連ページ

腎不全による貧血症状について

 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ