腎不全による貧血症状について

白血病による貧血症状

腎不全とは

貧血を引き起こしてしまう病気の一つとして慢性の腎不全が存在します。
腎不全とは、腰部の左右にあり、体液の恒常性維持・ビタミンDの活性化・体内の老廃物を尿に変えて排出するといった機能を持つ腎臓が、何らかの原因で機能しなくなり、有害物質が体内に溜まってしまうことで起こる障害のことを言います。
一般的に、腎臓機能が通常の30%以下の場合になった時、腎不全と判断されます。

 

腎不全は大きく分けて2種類

大きく急性腎不全慢性腎不全の2種類に分けることが出来ます。
急性では早期発見などで機能回復を行うことが出来ます。
しかし慢性に関しては、ほぼ完全に治すことが出来ず、治療としては「進行を止める」ことがメインになります。

 

腎不全と貧血の関係性

腎不全によって貧血になってしまう原因として、腎機能低下により、エリスロポエチンという赤血球を産生を促進・成熟させる役割を持つホルモンが腎臓から出なくなってしまうことが挙げられます。
赤血球の生産力が低下することで、造血能力が低下します。
その結果、低酸素に対する感受性の低下が起きたり、尿毒症による低栄養・溶血の亢進・出血しやすくなる・透析によって血液損失などが考えられ、貧血の可能性が高くなっていきます。

 

具体的な目安として、

  • クレアチニンクリアランス⇒40ml/分以下
  • 血清クレアチニン⇒1.6mg/dl以上

 

上記に該当すると、貧血症状が発生すると考えられていますが、慢性の場合はほぼ貧血を引き起こすのが現実です。
貧血によって、疲れやすくなる・動悸・息切れ・めまい・食欲不振・頭痛・頻脈・血色が悪くなる・浮腫みといった症状を引き起こすので注意が必要です。

 

主な治療法

透析を行っている方

透析が終了した時に静脈側からエリスロポエチを注射します。
これにより、赤血球の生産力を高め貧血を防ぎます。

 

慢性症状の保存期の方

エリスロポエチンを皮下へ注射する。もしくは、 鉄剤を投与する。
これにより、赤血球生産に必要な良質の蛋白質・ビタミン・葉酸・鉄分を摂取して貧血を防ぎます。

 

などが挙げられます。

 

腎不全は生涯付き合っていかなければならないような病や症状を引き起こす、怖い病気です。
日頃から腎臓に負担をかけないような生活習慣を心掛けていきたいですね。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!





腎不全による貧血症状について関連ページ

リュウマチの合併症の症状で起こる貧血

 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ