貧血を併発する病気

白血病による貧血症状

白血病とは…

白血病とは血液のがんとも呼ばれることがあり、多彩な症状が現れます。
まず白血病とは、血液中の白血球が異常に増える病気です。
胃がんや乳がんの「がん」も異常な細胞が自己制御能を失ってどんどん増える病気なので、白血病は血液のがんと呼ばれます。

 

白血球が増えるのに…

白血球には体のなかに入ってきた異物をやっつける機能があります。
白血病になると白血球が増えるのに、白血病患者は非常に感染症にかかりやすい傾向にあります。
また、血液の中に含まれる血小板が減少して出血傾向を示したり、本題である貧血の症状を示したりします。これらの説明には、白血球等、各血球がどのようにできてくるかが重要になってきます。

 

なぜ免疫力が下がるのか

白血球が増えるとなぜ免疫力が下がる

血液中の血球成分には赤血球、白血球、血小板があります。
これらは全て骨髄で同じ細胞から分化して作られます。このもともとの細胞は造血幹細胞と呼ばれます。最近話題になったiPS細胞もたくさんの分化能を持った細胞のことですね。幹細胞とはこれから様々な違う細胞になる機能、すなわち多分化能を持った細胞のことです。

 

この造血幹細胞が様々な過程を経て成熟した赤血球や白血球になるのですが、白血病の多くで、造血幹細胞がある一方向の分化のみ(白血球を作る分化方向)に偏った成長をし、しかもしっかりとした機能を持つ前段階の過程で成長が止まってしまうため、十分に働くことのできない白血球が異常に増えてしまいます。
こうなると、白血球本来の異物の排除機能がなく、感染症にかかり易くなってしまいます。

 

貧血との関係性は?

ここからが本題で、なぜこの病気によって貧血の症状が出るかについてです。
貧血とは赤血球の数の不足または機能不全により体の各臓器が酸素不足になってしまう症状です。白血病の場合は赤血球数の低下が原因で、前述したような造血幹細胞の分化の偏りに因ります。造血幹細胞の分化が偏ってしまうせいで、赤血球が作られる量も格段に減ってしまいます。
そのため血液中の赤血球の数が大幅に減り、貧血症状を発症します。

貧血を併発する病気記事一覧

腎不全による貧血症状について

腎不全とは貧血を引き起こしてしまう病気の一つとして慢性の腎不全が存在します。腎不全とは、腰部の左右にあり、体液の恒常性維持・ビタミンDの活性化・体内の老廃物を尿に変えて排出するといった機能を持つ腎臓が、何らかの原因で機能しなくなり、有害物質が体内に溜まってしまうことで起こる障害のことを言います。一般...

≫続きを読む

 

リュウマチの合併症の症状で起こる貧血

リュウマチの合併症で貧血リュウマチは、自己免疫疾患ですが、他にもさまざまな合併症を伴う厄介な病気です。中でも、貧血は、合併症として起こることが多い病気です。専門医は、検査でその貧血の状態がどうかも見てくれます。なぜならば、炎症が強くなると、血液中の鉄分が減少してしまうことがあるため、定期的な血液検査...

≫続きを読む

 

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ