貧血のお役立ち情報を紹介

重度の貧血になってしまう原因は

貧血は、けがによる大量出血や鉄分不足により引き起こされる事が多いと思われています。

 

貧血は、けがによる大量出血や鉄分不足により引き起こされる

しかし、胃がんや胃潰瘍での胃の損傷により鉄の吸収力が落ちたり、大腸がん、子宮がんなど臓器の損傷が原因で、体内の出血により貧血が起きてしまうこともありますし、肝臓がん、肝障害により鉄などの代謝がコントロール出来ないことで貧血になる可能性もあります。

 

その他、腎臓疾患、膠原病、内分泌疾患などで赤血球やヘモグロビンの合成がうまく出来ないなど貧血になる原因は様々に存在しています。

 

貧血は、ある意味貧血そのものが重度の病とも言える

貧血は、ある意味貧血そのものが重度の病とも言え

貧血の中には、血液や赤血球が作れなくなったり、壊れてしまったりする病気も存在しているからです。
これらは、鉄分を補給するような一般的な食事療法などでは改善することが出来ませんので、病院での治療が必要になります。貧血による症状には重度なものから軽度なものまでありますが、その原因や治療法は様々に存在しています。

 

悪性貧血・巨赤芽球性貧血

遺伝子を作るのに必要なビタミンB12や葉酸不足が原因で遺伝子異常が起こり正常な赤血球が作れなくなる貧血です。
これらの治療は、ビタミンB12や葉酸を内服したり注射などで治療を行います。

 

胃を手術した人や胃粘膜萎縮が進んだ高齢者のビタミンB12吸収不足、妊婦さん、アルコール依存者の葉酸不足が原因でも引き起こされる症状です。

 

溶血性貧血

赤血球の寿命が早く尽きてしまうために、血液の供給が間に合わずに起きてしまう貧血です。
先天的に血液の代謝に関わる酵素異常で発症する場合と、免疫細胞が自分の赤血球を異物を攻撃してしまうことが原因で発症する事があります。

 

治療法としては、先天性のものは脾臓を手術で切除する場合があり、自己免疫性のものはステロイドで治療を行います。
皮膚や白目部分に黄疸が生じる特徴がある症状です。

 

再生不良性貧血

骨髄にある赤血球、白血球、血小板を作る細胞が減少することが原因で貧血状態になるものです。
赤血球が作られなくなるので体内の鉄は余ります。抗ガン剤などの薬剤などが原因で現れる症状です。

 

治療法としては、骨髄移植、蛋白同化ステロイド療法、免疫抑制療法などが行われます。対処療法的な赤血球輸血、血しょう板輸血を行う場合もあります。

 

不応性貧血

骨髄機能の異常によって造血障害を起こす貧血です。経過中に急性骨髄性白血病になる可能性が高い事も特徴です。

 

治療法としては、貧血症状が強くなれば赤血球輸血を、血小板減少により出血が見られれば、血小板輸血をします。
若い患者さんには骨髄移植を行う事もあります。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ