貧血で倒れてしまったら、その時の対処方法は

貧血で倒れてしまったら、その時の対処方法は

女性の皆さんもし、貧血で倒れてしまった時の対処方法を知っていますか?
男性と違い女性は生理があり、貧血を起こしやすいのです。女性には貧血は当たり前かもしれませんが、時には倒れてしまう事もあるから注意が必要です。ここではもしも、貧血で倒れたしまつた時の対処方法について見ていく事にしましょう。

 

・貧血でなぜ倒れるのか

貧血とはどのような状態を指しているのでしょうか。これは血液が少ない状態を言います。そしてこの少ないというのは、血液そのものの量が減っているという事ではなくて、成分が不足しているという事です。

 

つまりは、濃度が薄くなっていしまっている状態を指しています。この状態は特には女性に多く出てくる症状です。貧血に陥る人は酸素を運んでくれる血液中のヘモグロビンが足りていなくて、体が酸素不測の状態になっています。

 

正常時のように意識や姿勢を保つ事が困難になり、倒れてしまう事もあります。

 

・倒れた時はどんなになるのか

倒れた人の顔は蒼白で呼吸が浅くて回数は多めになります。人により倒れた事のショックによりパニックに陥る人もいます。また痙攣を起こす人もいます。ですが痙攣は多くの場合は貧血に似ている脳貧血で起こる事が多いです。

 

吐き気を覚える事もありますが、吐くまでには至る事は少ないと言えます。しかし、もし仮に嘔吐した時に、嘔吐物の中に血が混じるような状態の人は、胃潰瘍などの出血を伴う病気を抱えている可能性もあるので注意が必要です。

 

・脳貧血は似ているが違う

貧血に似ているのが脳貧血です。
脳貧血になると顔面が蒼白になり、ふらつき倒れてしまいます。このように起こる症状は貧血に似ていると言えます。自律神経が調子を崩したり、血圧が低くて脳への血液の流れが悪化している時に、脳が消費する酸素の供給が十分量に足りなくなり、貧血と似ているような症状が出てくるのです。

 

血液そのものには異常は認められないです。

 

・倒れた時の対処はどうしたらいいのか

もしも、倒れてしまった時の対処方法ですが、体内でも酸素供給がうまくできていない状態であるので、慌てて立つ事無く、横になる事ができるスペースを確保して、体を休ませます。

 

そして、より効果を高めるためには、できる事なら足を少し高くするようにすると脳への血流が増えます。症状から回復するまで、しばらく安静にしておきましょう。多くのケースでは意識はあります。

 

もしも、病院に行く必要がある時には内科に行くといいでしょう。貧血は特に女性に多い症状です。自分がもしくは、知り合いが突然倒れる事もありえます。緊急時の貧血の対処方法を知っておけば、慌てる事無く冷静になれ、自分も他人も救えます。
ぜひ、貧血の対処方法を理解して頭に入れておきましょう。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ