運動が貧血に与える効果

運動しすぎると貧血になる?

運動しすぎると貧血になる?


適度な運動は大切です。
でも無理して運動しすぎると…

 

運動しすぎると貧血になる?

激しい運動をしている時や、学生の頃に行った持久走の後を思い出してみてください。
運動中に鼓動が激しくなったり、目まいを起こしそうになった経験はありませんか?
この症状が運動からくる貧血です。

 

運動しすぎると貧血になる?

理由としては、運動すると血液中の酸素や栄養分が消費されますので、血液中の酸素や糖、脂質がエネルギーとして使われます。
それを補うために、より多くのエネルギーや酸素を体に運ぼうとし、血液の流れを早くして供給量を上げます。
しかし、その時の血流が激しいと血液中で赤血球がぶつかり合って、赤血球が破壊してしまいます。

 

そして、残った赤血球で酸素を運ぼうとしもて、赤血球に含まれるヘモグロビンを作るのに必要な鉄分が、汗と一緒に体の外へ流れ出てしまってます。
その結果、全身に必要量の酸素が送れなくなってしまい、酸欠状態になって、貧血の症状を引き起こします。

 

適度な運動は貧血予防に必要ですが、過度な運動は逆効果になってしまうので、自分自身の体力に見合った運動を行うようにしましょう。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ