白血球増加症と貧血の関係

白血球増加症


健康診断で見覚えがありませんか?
そのまま放置は危険を伴う場合もありますよ。

 

白血球増加症とは

今回は白血球増加症について説明します。
よく健康診断の血液検査で「白血球が多い」と判断された経験はありませんか?
このような白血球の数が正常以上に増加した状態を白血増加症と呼びます。

原因は

原因としては、感染症や炎症、代謝異常、血液疾患など様々です。
それ以外にも風邪を引いた時などに増えることがあります。
原因の中には白血病も潜んでいることがありますので注意が必要です。

白血病とはどのような病気か?

白血球は感染症にかかった時に増加し、体の正常な範囲内での増加です。
ただ、白血病の場合は増加が正常な範囲内を超えて無制限に増殖する状態です。
そして白血球が悪性腫瘍化した状態が白血病といいます。

症状は?

症状としては貧血、発熱、出血が増えるなどが多く見られます。
貧血が出る理由としては、白血病細胞が骨髄で増殖し、赤血球が正常に作られなくなるために、
全身が血液不足に陥り、貧血の症状として現れることがあります。

 

以上が白血球増加症関連の内容です。健康診断で言われる白血球増加症は
「たまたまその時に体調が悪くて白血球が増えている」ということが多いですので、
白血病の心配はあまり必要ありません。しかし、毎年診断されるや貧血の症状が続く等の白血病っぽい状態が長引くようなら、精密検査をした方がいいかもしれませんね。

 

自分の貧血度合いを調べる

簡単な「チェックリスト」を用意していますので、自分の貧血度合いが気になる方はお試しください。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ