免疫をつかさどり、体を守る細胞たち

免疫をつかさどり、体を守る細胞たち

免疫をつかさどる細胞は、リンパ球

リンパ球は、粒球や単球とともに白血球を構成している細胞です。リンパ球は大別すると、Tリンパ球(T細胞)とBリンパ球(B細胞)に分けれます。Tリンパ球とBリンパ球が力を合わせて免疫を担当するのですが、Tリンパ球は細胞性免疫を担当し、Bリンパ球は液性免疫を担当します。

 

入り込んだ異物を排除する

入り込んだ異物を排除する

外から細菌などの異物が体内へ入り込むと、まずマクロファージなどの貧食細胞が入り込んだ異物を貧食して処理しようとします。その際に、体液の中に存在しているリゾチームなどの酵素は、異物の処理に有効に働きます。
血精中に存在する補体という蛋白質も、異物に対する反応の場で有効に働きます。
異物に対する抗体が血精中に存在する場合は抗体が有効に働きます。

 

外から侵入した異物に対するマクロファージなどによる貧食などに引き継いて、免疫反応が起こります。異物は非自己抗原をもっているので、リンパ球は自己ではないと認識します。そして、この非自己抗原に対応する特定のリンパ球が分化し、増殖します。Tリンパ球は、感作リンパ球となって増殖し、Bリンパ球は抗体を産生します。

 

感作リンパ感

感作リンパ感は、抗体や補体などと力を合わせて異物を攻撃し、また、いろいろな物質を産生して好中球をよび集めます。好中球やマクロファージは異物を貧食して、体内から異物の除去に努めます。感作リンパ球に含まれているキラーT細胞とよばれる細胞は、がん細胞を攻撃する力ももっています。
免疫に関しては、リンパ球が中心になって働くのですが、体内に存在する補体やリンパ球が作り出す抗体や、そのほかにもリンパ球が作り出す種々の活性物質、その活性物質によって引き寄せられる好中球やマクロファージなどが力を合わせて異物を除去し、体を守る働きをしてくれます。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ