再生不良性貧血

血液細胞が減少する再生不良性貧血

再生不良性貧血とは

再生不良性貧血は、骨髄内の造血組織が脂肪組織に置換され、末梢血液の赤血球の減少による貧血だけでなく、白血球、血小板などのすべての血液細胞が減少する貧血です。しかし、再生不良性貧血は、現れる現象は同じですが、様々な異なる原因と発病機序によって発生する疾患群です。

原因は?

40〜70%は原因を見つけることができない病気です。
知られている原因には、化学薬品が最も多いと言われています。

 

再生不良性貧血の発症機序は、

  • @造血幹細胞の障害
  • A造血環境障害
  • B造血に関与する細胞の相互作用不全
  • C免疫機序による骨髄機能抑制等

に考えられています。

 

血球減少症による症状と末梢血や骨髄検査で診断します。
注意する薬品は抗生物質、漢方薬などの薬剤、有機溶剤などです。
その他にも細菌感染症や出血の危険性に注意し、筋肉注射と血小板の機能を抑制する薬の服用を避けるようにしなければなりません。

治療法は

再生不良性貧血は、同種骨髄移植で治す事も可能で、免疫抑制療法でも良好な治療効果を期待できます。 重症の患者では、年齢が35歳未満であり、組織適合性が一致する骨髄ドナーがあれば、骨髄移植をして、高齢者や骨髄ドナーがいない場合には、免疫抑制療法を行います。

 

自分の貧血度合いを調べる

簡単な「チェックリスト」を用意していますので、自分の貧血度合いが気になる方はお試しください。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ