貧血の種類

巨赤芽球性貧血とは?

巨赤芽球性貧血とはどんなものか

貧血と一言で言っても、原因は人それぞれで、何種類かの貧血に分類する事ができます。
その中のひとつに巨赤芽球性貧血(きょせきがきゅうせいひんけつ)と呼ばれるものがあります。
耳慣れない言葉ですが、巨赤芽珠というのは、血液の中にある赤血球の母細胞が巨大化したものです。

 

巨大化する理由

なぜ巨大化するかというと、血液を作る骨髄の中には、血液を造るための造血細胞があります。
この造血細胞は、ビタミンB12や葉酸というビタミンの助けがないと、正常な赤血球を作る事が出来ません。そうすると巨赤芽球が現れて、正常な赤血球が不足して貧血になります。
それが巨赤芽球性貧血と呼ばれる貧血の原因です。

 

特に胃の粘膜が萎縮したり、胃液の分泌が悪いとビタミンB12が吸収不良を起こすことが原因でおこる貧血を悪性貧血と呼びます。これらは正しい治療をすれば完全に治す事が出来るので、以下の症状がある場合は注意しましょう。

症状は?

主な症状は身体のだるさ、激しい動悸、舌が赤くピリピリしたり、表面がツルツルするなどです。
また胃腸の調子も悪くなるので、食欲不振、吐き気、下痢などが起こります。
これらの症状は、突然起こるものではありません。
少しずつ自覚症状が出てくるので、症状がひどくなってきたら要注意です。

 

自分の貧血度合いを調べる

簡単な「チェックリスト」を用意していますので、自分の貧血度合いが気になる方はお試しください。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ