貧血の種類

貧血を伴う病気肝臓がん

貧血を伴う病気肝臓がん

肝臓がんには原発性と転移性との二種類があり、原発性のものは、肝細胞じたいもしくは、胆肝細胞にガンが発生する病気で、前者が8割以上を占めています。転移性のものは、他の部位にできたガンが肝臓に転移してできるものです。

 

肝臓がんは、自覚症状があまりないため、なかなか発見できずに、気づかないうちに進行していることが多くあります。また、肝機能の低下に伴う、赤血球の破壊によってめまいや立ちくらみ、冷や汗などの貧血の症状が現れたりしたら、がんの初期症状である可能性が高いのですぐに専門の医師に見てもらうようにしましょう。

症状は?

初期症状としてはあまり特徴的なものはなく、腹部に違和感を感じたり、右胸の下辺りがゴロゴロしたりといった症状があります。ガンが進行すると血便や吐血などの症状が出てきて、この段階では気づく人が多いですが、手遅れの場合が多いです。
肝臓がんの検査としては、腫瘍マーカーや画像診断があります。

 

腫瘍マーカーは血液検査とは…

腫瘍マーカーは血液検査の一種でガンマーカーが、ある数値を越えるとガンの疑いがあると診断されます。また、CTやMRIによる画像診断は健康診断などでも使われますが、直径が二センチ以下の腫瘍は見つからないことが多いため、検査を併用するのが一番の正確です。

 

貧血の症状が出た時点でなかなか肝臓がんとは結びつけられないかもしれませんが、この段階で気付くことが命を守るためのカギになっていくのです。

 

また、飲酒も肝細胞にガンを作る原因になります。
アルコールの過剰摂取によって肝硬変が、発症し、それが後にがんに繋がる症例が多いです。
肝硬変は、B型肝炎やC型肝炎などのウイルス性の肝炎から起こることもあるので注意をする必要があります。

 

自分の貧血度合いを調べる

簡単な「チェックリスト」を用意していますので、自分の貧血度合いが気になる方はお試しください。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ