貧血を伴う病気胃がん

貧血を伴う病気胃がん

貧血を伴う病気胃がん

貧血を伴う病気胃がん

胃がんとは胃の内壁にある粘膜の細胞が何らかの原因でがんになってしまった病気のことを言います。原因としては、食生活の乱れなどの生活習慣や喫煙、ピロリ菌の感染などです。
食生活に関しては、塩分の多い食事や野菜や果物の不足が悪影響を及ぼします。

 

ピロリ菌に関しては、中高年の感染率は非常に高くなっています。ただ、感染した人が全員胃がんになるというわけではなく、リスクが高まる程度です。

 

症状としては、初期段階では無自覚なことが多く、本人も気づかないうちにがんが進行して転移してしまったというケースが多いです。
また、出血を伴うこともあるので、それが原因で貧血が起こることもあります。

 

症状は?

貧血の主な症状は

ふらつきや立ちくらみ、息切れや動悸が貧血のおもな症状です。
胸やけや吐き気、胃痛、食欲不振などの症状は、がん特有の症状ではないので、自身の勝手な判断で胃薬を飲み、治ったと勘違いして放置していることが多いです。

 

貧血だからと言ってまさか胃がんだなんて思わないのが普通だとは思いますが、貧血は簡単な血液検査で診断できるので、少しでも異変を感じたら検査をするのがいいです。また、血便が出ることもあります。
症状の有無に関わらず、毎年の定期的な健康診断が胃がんの早期発見に繋がります。

 

自分の貧血度合いを調べる

簡単な「チェックリスト」を用意していますので、自分の貧血度合いが気になる方はお試しください。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ