貧血の種類

貧血を伴う病気大腸がん

貧血を伴う病気大腸がん

若い人や普段血液検査で何事も無かった人が貧血と診断された場合は大腸に異常がある場合があります。貧血を伴うのはわずかな予兆であり、初期の場合は自覚症状がほとんど出ません。

 

女性は毎月の生理などで血液が不足しやすく貧血になりがちですが、それがない男性が貧血になった場合は要注意です。

 

男性で去年の検査より極端に数値が下がっている場合は特に気をつけた方が良いです。大腸がんはがんの中で死亡者数が多いです。
早期発見する事が出来れば普段の生活を続けながら通院という形で治療する事が可能な場合もあります。

 

検査方法は?

内視鏡検査

検査ではまず便潜血反応を調べますが、これだけだと発見できない場合もあるので内視鏡検査を受けるのが確実です。最近は痛みも少なく精度が高いので可能な限り受けておいた方が安心です。

 

わずかな予兆が大病のシグナルになっている時もあるので、少しでも変だと思ったり医者に勧められた場合は必ず精密検査を受けるようにしておくと、早期発見による早期治療が可能です。

 

治療法は?

早期であれば内視鏡による手術も可能で、体の負担も少なくて済みます。そして最近ではPETという画期的な検査方法が出てきました。
陽電子放射断層撮影により正常な細胞より多くのブドウ糖を摂取するがん細胞の特性を活かしたものでより高い精度でがんを発見できます。

 

この方法であれば苦痛もなく全身のがんを発見する事ができます。普段から定期的に検査を受けておけば、がんをそれほど恐れる必要もなくなります。
がんの治療が終わった人でも定期的にPETなどの検査を受けて経過を確認しつづける事でさらなるがんの予防につながります。

 

自分の貧血度合いを調べる

簡単な「チェックリスト」を用意していますので、自分の貧血度合いが気になる方はお試しください。

 

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ