スポーツ選手に貧血が多い理由は?

スポーツ選手に貧血が多い理由は?

スポーツ選手は貧血になりやすいのです。意外でしたか?スポーツ選手は一見、運動をしていない人よりずっと健康的に見えますが、よく運動をするので貧血になりやすいのです。そこでその理由をご説明したいと思います。

有酸素運動をする時には鉄分が消費される

貧血は様々な原因で起こると言われていますが、その中でもよく知られているのが鉄分不足すると起こりやすいということです。これは鉄欠乏性貧血といわれ、この原因で起こる貧血が運動習慣のある人に起こりやすいと言われているのです。

 

人間の体は運動に必要なエネルギーの生産をする時に鉄分を必要とします。活動に必要なエネルギーを作り出すためには酸素が必要となります。そして、体の細胞に酸素を届けているのが血液中の赤血球です。酸素の運搬には赤血球は鉄が必要なのです。したがって、鉄分が不足してしまうと赤血球は酸素を効率的に運べなくなってしまうのです。

運動で鉄分を消費

ジョギングなどの有酸素運動は、酸素を用いて運動に必要なエネルギーを生産しています。この運動を行うために、体は鉄分を消費しながら運動しているということになるのです。
したがって、有酸素運動をする時には鉄分をたくさん摂取しなければ、運動中に貧血になる可能性があるのです。

 

スポーツ選手や筋肉が多いスポーツ選手はスポーツ貧血になりやすい

特にマラソン選手は貧血になりやすいといわれています。スポーツが原因となって、鉄分不足が起こり、ヘモグロビンなどの濃度が低下することはスポーツ貧血とよばれます。

マラソン選手が鉄不足になりやすい理由は、マラソン競技中、多くの酸素が必要だからです。

そのため、マラソン選手を始めとする持久系のスポーツ選手は鉄分を積極的に補給しなければならないのです。また、筋肉量が多い人も鉄の需要が高いのです。筋肉にはミオグロビンとよばれる一種のタンパク質が含まれ、ミオグロビンには鉄分が含まれているのです。そのため、酸素を蓄えることができます。
そして、蓄えられた酸素は、筋肉を動かす時に消費されエネルギーに変わります。ハード動きをするスポーツ選手は筋肉量も多く、鉄の必要量も高いのです。そのため、十分な量の鉄を摂取しなければ貧血になりやすいのです。

 

スポーツ選手の貧血を防ぐには

スポーツ選手の貧血を防ぐには鉄分がたくさん含まれている食品を摂取することが必要です。赤身の肉、レバーや赤身魚には鉄が多く含まれていて積極的に摂るようにしましょう。

目安としては1日18gくらいです。そして、どうしても鉄分が不足するという場合はサプリメントなどを効率的に活用することがおすすめです。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!





スポーツ選手に貧血が多い理由は?関連ページ

なぜ貧血が女性に多いのか?
貧血タイプの診断は難しい?
貧血の重度の症状
食事中の飲み物は注意を!
貧血の様々な症状
貧血の様々な症状についてご案内するコーナーです。
貧血で起きる動悸などの症状について
日常でみられる貧血による症状のうち動悸についてご案内しています。
舌にあらわれる貧血による症状
貧血によって舌に現れる症状について案内します。
貧血が爪にもたらす症状
貧血は爪に症状が出てきます。
貧血で頭痛やめまいの症状が起るメカニズムなど

 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ