貧血が爪にもたらす症状

貧血が爪にもたらす症状

人間の爪には、その人の健康状態が現れます。過去に大きな病気をしたり、体調が悪かった時期があるとそれは爪の形や色となってしばらく残ります。もちろん回復後にのびてきってしまえばそれで終わりですが、貧血も爪にはいろいろな症状をもたらします。

 

まずは爪の色を見てみましょう

健康な人は、薄いピンク色、桜色をしています。
血液がよどんでおらず、きれいな状態であることが推測されます。
これに比べて白っぽくなるのが貧血の人の特徴です。血液中のヘモグロビンが不足しているためこのように見えます。
またこれに対して多血症(血液中の赤血球が増加する)の場合は「赤っぽい色」になります。

 

爪の形にも変化があらわれます

爪の変化

「爪の横に筋がはいった」ようになったり、または「二枚爪」になるというのが貧血によって起こりやすい症状です。
これはいずれも貧血のため、酸素や栄養分が充分に届かなかったために起こります。

爪に横に筋が入る

横に筋が入った場合は、その部分が出来たころに貧血状態だったが今は状態が改善されている事が多いです。

 

二枚爪になる

二枚爪になっている場合は現在も貧血状態にあり、まだ栄養分が供給されず先端部分が酸欠状態になった、乾燥状態にあるという見方ができます。

 

スプーン爪は注意が必要

そして最も重症な貧血状態をあらわすものとして、「スプーン(匙状)爪」と呼ばれるものがあります。
これはスプーンのように中央部分がくぼみ、そりかえったような形状に変化している状態です。
同時に栄養分が不足しているために、割れたり、かさついたような状態になってます。当然色も白っぽくなっています。

 

身体があきらかに不調になっていますので、自覚症状が他になくても何らかの病気にかかっている場合もあります。女性の場合はとくに子宮内膜症などで出血が多くなっていると起きやすくなります。このような状態となったら、早めに医療機関にかかることをお勧めします。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!





貧血が爪にもたらす症状関連ページ

なぜ貧血が女性に多いのか?
貧血タイプの診断は難しい?
貧血の重度の症状
食事中の飲み物は注意を!
貧血の様々な症状
貧血の様々な症状についてご案内するコーナーです。
貧血で起きる動悸などの症状について
日常でみられる貧血による症状のうち動悸についてご案内しています。
舌にあらわれる貧血による症状
貧血によって舌に現れる症状について案内します。
貧血で頭痛やめまいの症状が起るメカニズムなど
スポーツ選手に貧血が多い理由は?

 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ