貧血は美容に悪影響!

貧血は美容に悪影響!

貧血の症状として思いあたるのは、立ち眩みやめまいなどではないのでしょうか。確かに、こうした症状も貧血が引き起こすものの一つです。
ですが、実は貧血は美容にとっても様々な悪影響を及ぼしているんですよ。
貧血は

  • 肌荒れや老化
  • 抜け毛
  • 太りやすく痩せにくい身体

を作ってしまう可能性があります。
最近何だか肌荒れが治らない、シワが増えて老けたような気がする…、食事や運動に気をつけているのに痩せない…こうした悩みは全て貧血が影響している可能性があるのです。

 

■どうして貧血は美容に悪いの?

どうして貧血は美容に悪いの?

そもそも貧血とは、血液検査をすると分かるのですが赤血球やヘモグロビンの数値が基準よりも低いことで発覚します。
血液は全身に酸素や栄養を運ぶという大切な役割を担っているのですが、赤血球の中のヘモグロビンが不足する貧血の状態になると、この働きが上手くいかなくなってしまうのです。
つまり身体に酸素や栄養が行き渡ら無い状態になってしまうという事ですね。

 

例えば酸素は、新陳代謝のために必要不可欠な成分です。貧血となり酸素が不足すると、当然身体のいたるところで新陳代謝が衰えてしまいます。新陳代謝が衰えるということは、細胞の生まれ変わりが上手くいかなくなるいう事です。

 

肌を例にとってみると、通常28日で生まれ変わる肌のターンオーバーが乱れて古い角質が溜まり肌の乾燥やゴワツキ、ニキビなどのトラブルが気になるようになってしまいます。

 

貧血のために新陳代謝が衰える

また貧血のために新陳代謝が衰えると、コラーゲン代謝も滞って神経芽細胞で新しいコラーゲンを生み出せなくなってしまいます。
すると肌の潤いやハリが失われ、シワやたるみといった肌の老化を招くのです。新陳代謝が衰えるということは、肌だけではなく基礎代謝も落ちるため太りやすく痩せにくいダイエットに適さない身体になってしまいます。

 

■貧血だといくら栄養を与えても意味がない

貧血を改善しなければ、いくら高価なスキンケアや美容サプリメント、ドリンクで栄養を与えても効果はありません。
血液は酸素だけではなく、栄養をも運ぶ役割がありますから、貧血になると栄養が全身に行き渡らなくなってしまうのです。

 

ですから、貧血に気がつかないままどんなにケアをしてもいっこうに肌荒れは治らず、老化も進む一方です。ダイエットについても、もちろん同様です。

 

■貧血の改善は原因を見極める

貧血の改善は原因を見極める

貧血にはいくつもの原因があり、鉄分が不足して起きる場合もあれば病気が原因のケースもあります。大抵の貧血は鉄分が不足している、鉄欠乏性貧血だと言えます。
鉄欠乏性貧血の場合は、食事やサプリメントからの改善が可能ですが、病気が原因となっている場合は根本的な治療が必要となってきます。美容のためにも、まずは貧血の種類を見極める事が大切ですね。

貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!






 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ