妊娠中の貧血と予防方法

妊娠中の貧血と予防方法

妊娠中の貧血と予防方法

なぜ妊娠中は貧血になやすいのか

妊娠中は約3割の方が貧血になると言われています。その理由としては、お腹の赤ちゃんに栄養と酸素を与えるためには、沢山の血液が必要だからです。
母親の体とお腹の赤ちゃんはへその緒でつながっているので、母親が摂取した栄養と酸素は血液によって赤ちゃんに運ばます。しかし妊娠中はつわりによって食欲不振に悩まされる方も多いです。

 

赤ちゃんに栄養を与えるためには鉄分が必要

お腹の赤ちゃんに栄養を与え続けるためには、通常よりも多くの鉄分を必要ですが、つわりになってあまり食事を取らないと、鉄分が不足して貧血になりやすい状態になります。
血液によって届けられる栄養が不足すると、お腹の赤ちゃんの発育にも影響が出る事があります。血液に含まれる鉄分が不足し、母親が貧血状態になってしまうと、流産や早産の原因となってしまうので充分に注意してください。

妊娠中はどんな食べ物を食べればいいのか

妊娠中の食べ物

妊娠中は赤ちゃんの発育や出産に備えて体の中の血液の量が増えます。そのため、鉄分をしっかりと摂取しておくことが大切です。

 

貧血予防に効果のある食品は、おなじみのレバーやほうれん草です。
レバーは苦手な方も多いですが、新鮮なレバーを牛乳に浸しておけば、においを気にせずに美味しく食べることができます。
また、プルーンは鉄分や食物繊維を豊富に含む優れた食品です。
ドライフルーツは栄養が凝縮されていて、食欲がない時にも気軽に食べれるのでおススメですよ。

 

貧血にお困りの方は食事を見直そう!

貧血を和らげるには食事を変えることが一番の近道です。貧血の方に役に立つレシピを紹介しています。また、貧血に限らず、夕食のメニューで困った際もお使い出来ますよ。


貧血は食事から!サプリメントで食生活を見直そう!





妊娠中の貧血と予防方法関連ページ

女性に多い貧血のセルフケア
貧血とストレスの関係について
貧血の種類
貧血の症状について
貧血は美容に悪影響!
貧血は美容に悪いとよく言われます。その理由は赤血球の中のヘモグロビンが不足が関係していました。

 
TOP 鉄分の多い食品一覧 貧血改善レシピ 貧血改善に効果のあるサプリ